薄毛対策は自己イメージの確立がポイント

薄毛に悩む気持ち、心もとなさは分かります。けれど、理解すべきだと思うのは、結局のところ「薄毛は隠し切れない」という事実です。薄毛を隠そうとすれば隠そうとするほど、逆に違和感が生じてしまいます。何よりも明らかとなってしまうのは、薄毛を恥ずかしく思っている気持ちと隠そうと努めている姿勢です。隠したいと思っていることが逆に知れてしまうと、かえって恥ずかしいことになるというのは、あらゆる面で誰もが理解している事実だと思います。究極の薄げ対策は、薄毛を認めたうえで、「いかにスタイリッシュに共存していくか」を考えることではないでしょうか。あいにく、日本人には丸顔の童顔の人も少なくなく、「薄毛が似合わない顔かたち」である可能性もあります。けれど、それでもなお、演出次第で新しいキャラクターを生み出せる可能性があることは否定できません。薄毛は隠さず、スタイリッシュなイメージを追及して乗り越える姿勢を持つというように、方向転換してみませんか?

PR|巷で話題の抜け毛治療|