AGA対策にミノキシジルタブレットを追加

私は、埼玉のFAGA, 女性の薄毛専門、AGA専門の病院に通って、本当に効くAGA対策法(AGA治療薬)を見つけることができ、それに気をよくして更なるAGA対策を探しました。
次に手をつけたのは、ミノキシジルタブレットの併用。
これは、過去にミノキシジル配合の育毛剤(塗り薬)を試したこともあったのですが、頭皮がそれを受け付けず(赤みや湿疹)断念したことがあり、飲むタイプしか続けられないことが理由でした。
注意点は、ミノキシジルタブレットは、元々高血圧のための薬剤。
全身の血管を拡げ、血圧を下げる薬なのです。
ですから、血圧が低めの場合、低血圧を助長することになり、症状を悪化させることになりかねません。
私は、血圧で悩んだことはありませんので、その副作用には不安は感じませんでした。
しかし、ネットでは様々な情報を拾うことができるのですが、その中には恐ろしいことも書いてあります。
本当に服用を開始していいものか・・・非常に悩みました。
それでも「薄毛を治したい」という一心で、ミノキシジルタブレットの服用を開始。
個人輸入で入手した物を、毎日1錠飲み続けました。
予期していた「初期脱毛」は、開始から1週間程度で現れました。
これは仕方のないことなのですが、服用開始1ヶ月程度は抜け毛が増えます(個人差はありますが)。
それは、AGA治療薬で既に体験していたこと。
しかし、それ以外に不安な副作用が起こりました。
まず、「むくみ」と言える症状が起こり、目のまぶたが垂れて、少し顔つきが変わったように感じられたのです。
ネットで調べてみても、確かにそういった副作用は起こり得るよう。
私は、すぐに5mgから2.5mgへ服用量を減らしました。
AGAクリニックでもそのあたりの量から開始するようで、5mgからの開始では多すぎたようです。
また、見逃せないのが多毛症(ムダ毛が濃くなる)という副作用で、開始から1年後には手の甲や指すらも毛深くなり、除毛クリームが必要な体となってしまいました・・・。
しかし、確かに効果はあると感じておりますので、AGA治療薬とミノキシジルタブレットだけは、欠かさず毎日服用しております。

カテゴリー: AGA

リンスを頭皮にすりこむのはNG

毎日の洗髪で頭皮を綺麗にするのはヘアケアの基本です。

大阪のAGAクリニックの先生もおっしゃっていましたが、シャンプーで毛穴に詰まった汚れを取り除くのは非常に大事ですね。

そしてその後にリンスを使うのですが、このリンスに理解が浅いとせっかくのヘアケアも効果が半減してしまいます。

シャンプーと同じような感覚でリンスを使っているという方が時折いますが、これが大間違いであることに気づいていません。

なぜならば、リンスは髪のキューティクルを保護するものであって頭皮を洗うためのものではないからです。

なので、どれだけシャンプーで頭皮を綺麗にしても、リンスが頭皮にすり込まれてしまっては毛穴が詰まってしまいます。

リンスは髪の根元から少し離れた位置に付け、そこから毛先に向かってなじませる感じで使用しましょう。

間違っても頭皮に直接ふりかける様な事はしないでください。

あとはヌメリがなくなるまで綺麗に洗い流しましょう。

シャンプーは頭皮を、そしてリンスは髪の毛を綺麗にするものだということを覚えておきましょう。

薄毛の改善としてシャンプーを見直す

薄毛というのは男女ともに実はかなり深刻な悩みになる可能性があります。禿げるといえば男性というイメージがありますし、男性型脱毛症などと呼ばれるものもありますし、それは大よそいえることですが女性でもはげることはあります。それは髪の毛をあまりにも強く洗っていたりしますとそうなります。

 

艶を出すことができるシャンプーという界面活性剤のものを使っている可能性が高く、リンスなどを使って髪の艶自体をよくしてるとしてもそれは表面的なことであり、毛根や毛穴にはものすごく負担がかかっていることが多いです。そこから薄毛につながることがあります。明確にハゲていくというわけではないのですが髪の毛が細くなっていき全体的に量が少なくなるような感じがしてくることでしょう。

 

これはおおよそシャンプーのせいであることが多く、自分の頭皮や毛根に合っていないというものを使っている可能性がありますから、その辺りを見直してみると改善されることもあるでしょう。 シャンプーはできるだけ低刺激のものを使うということが髪の毛にとっては最も良いことになるでしょう。

薄毛は無理に隠さない方が良い

男性にとって薄毛というのは、確かにコンプレックスになるとは思います。でも薄毛でも魅力的な人は普通にいます。だからこそ無理に隠そうとしないで、薄毛でも似合う髪型を探してほしいです。

 

よく横や後ろから無理やり髪の毛を持ってくる人がいますが、女性から見ればあれはあれで違和感大らしいです。

 

変な分け目になっていたり、風が吹いたら総崩れしそうな髪型など、何もそこまでして隠さなくてもと思ってしまいます。ああいった髪型こそが逆に薄毛を強く意識させることになるので、逆効果だと思います。

 

髪型はバランスが大切です。無理に隠そうとすると変な髪型になってしまいます。

 

埼玉県の大宮でAGA薄毛治療をしている私がおすすめするのは短髪です。薄毛でも短髪ならバランスが良いので、全体がスッキリ見えます。

 

決して薄毛を隠すことはできませんが、バランスの良い髪型にしていれば、そんなに違和感がありません。

 

薄毛でも短髪など似合う髪型はあるので、ぜひトライしてほしいです。

 

そしてもっと自信を持ってほしいです。人の魅力は髪型だけではありませんから。

AGA治療の飲み薬について

まずAGAの程度にもよると思いますが、いきなりミノキシジルの内服を試すというのは少し考えた方がいいかと思います。私が5年ほど前にミノキシジルのタブレットを服用して感じたことは、確かに効果が絶大だということです。

 

しかしそれに伴って副作用も軽いものからかなり深刻なものまでありました。軽いものでは一時的に血流が良くなることでだるさや、顔のほてりとかですが、深刻なのが男性機能の低下です。しかしそうした副作用も人それぞれで自分がそうだから他の人もそうだとは言い切れない部分もあります。

 

若い人にとってはAGAは大きな悩みの一つですから、なるべく早い回復を望むのは分かりますが、そうした副作用への予備知識は必ず参考にした方がいいです。

 

私が最初に試したプロペシアの塗り薬は期待した効果は出てきませんでした。

 

後日プロペシアの評価を確認したら、抜け毛を抑えるのが主な成分だということで、結局は効果を期待してミノキシジルの飲み薬にたどり着いたというわけです。

 

その効果は月単位というよりも、1週間単位で効果を実感できました。効果が出たところで副作用を懸念して1年服用した後、ミノキシジルの塗り薬に変更しましたが今でも抜け毛はほとんどありません。

カテゴリー: AGA

油断して抜け毛を気にせずにいると将来後悔しそう

起きると枕や布団に抜け毛があり、毎日掃除が大変だし、お風呂も毎回良く抜けるし、乾かすとき、髪ブラッシングするときも多いので、兎に角掃除が大変。

お風呂や洗面所の排水口とか小まめに掃除しないと詰まって流れなくなる。

髪結んで解くときもそうだし、自分で鏡で見る見た目薄毛には見えないけど、周りにどう写ってるのかとか毎日心配です。

髪を痛めているのかと思って、紫外線の強いときは、髪にも紫外線防止のスプレーしたり、髪の毛洗うときに温度が高すぎないように調節して、しっかり濡らしてからシャンプーして、しっかり流し仕上がりぬるま湯にしたり、トリートメントを毛穴に付けないようにしたり、すぐに乾かすようにして、乾かすときも毛穴から離すようにして、タオルドライをしつつ乾かしたり、仕上げを冷風にしたり、毛先はオイル付けたりしてます。

良く抜けるのは、やっぱり毛穴が詰まっていたり、乾燥してたりするのかなと思います。

あんまり乾かしていないと、毛穴に雑菌が発生するって聞くし、自然乾燥はいいことないと思います。

抜けるからとブラッシングを疎かにするとゴミや汚れが溜まって悪循環だし、髪は清潔にするのが一番です。

しっかり洗い、しっかり流し、髪の毛自体はしっかり保湿することだと思います。

PR|梅田のAGAクリニックランキング|

薄毛の原因がAGAの場合素直に病院へ

最近ではAGAに効果があるという成分を配合したサプリや育毛剤が販売されていますが、それらを利用してAGAが原因である薄毛が解消される可能性はあまり高くありません。中にはそれらが劇的な効果を発揮するという場合もありますが、多くが気休め程度にしかなりません。

 

ですので、自分の薄毛の原因がAGAだと自覚している人は素直にAGA専門の病院へ行く事をオススメします。病院でAGAだと診断された時に処方される飲み薬は、多くの人にとって大きな効果を発揮します。必ずというわけではありませんが、数か月飲み続ける事で薄毛から解放される人は多いです。

 

病院へ行く事になるとそれなりにお金が掛かってしまうのですが、あまり効果の無い育毛剤やサプリを使い続けても薄毛が解消される可能性は低いです。なのでお金を出すだけの価値は十分すぎる程あると言えます。

 

病院へ通うのが恥ずかしいという人もいるかも知れませんが、最近では他人と会わないようになっているところも多いです。ネットで簡単に予約出来ますし、本気で薄毛を改善したいと思ったら是非すぐにでも予約して下さい。

カテゴリー: AGA